ハンドプレス機の魅力とは

ハンドプレス機の特徴

ハンドプレス機の種類や利点とは

大半のプレス機の特徴や構造について

ハンドプレス機は手で圧力をかけることにより使用する工具であり、様々な部品を作ったり解体する時にも使用しています。レバー式のタイプが多く、レバーを振り下ろすことにより局所に圧をかけることができ、小型のプレス機として使うことができます。そのものの構造は非常にシンプルであり、レバーを引き下ろすことによってバネのついた芯棒が下に降りることにより、台座にセットした下の駒が芯棒を受け止めて圧をかけて潰すという仕組みになっています。力を逃すことが無く、軽い力だけで圧をかけることができるのも特徴となっています。

メーカーによる違いもありますが、複数種類ありそれぞれ特徴や使い勝手の良し悪しには違いがあるので、用途に合わせたものを選ぶことが大切です。大きく分けると二段式とそうではないものの二つのタイプがあり、二段式は既に縫製して筒状になっているものにも金具を取付けることができるようになっています。ハンドプレス機は鋳鉄のついている本体と、バネのついた芯棒、そして取り外しのできるレバーと非常にシンプルな部品のみで構成されています。シンプルなので初めて使用するという人でも理解しやすく、使い方も簡単というのは良い点です。しかし鋳鉄は硬いものとはいえ割れやすいので、作業を行う時には水平な場所で使うようにしなければなりません。高い所から落としてしまうと割れてしまうので、慎重に扱うようにしましょう。何を対象物とするのかにより、二段式を選ぶかそうではないタイプを選ぶのかにも違いがあります。台座が浮いている二段式タイプではないと、対象物の奥までリーチを届かせることができないという場合もあるのでよく考え適しているものを選びましょう。

メリットや選ぶポイントについて

ハンドプレス機は手による作業であり、小型ということから邪魔にならないというのも利点の一つではないでしょうか。芯棒に巻いているバネがゆっくり力を吸収することにより、音も小さく少しの軽い力で対象物に圧をかけることができるというのも、優れているポイントといえます。しかし一口にハンドプレス機といっても数多く存在していることは確かであり、製造元によって各部分の寸法が異なっているということも頭においておかなくてはなりません。中には業務用の大型のハンドプレス機も存在しており、自動車の解体作業など大きなサイズのものを対象物としているものもあります。用途に合わせて選ぶようにし、使い勝手も確認しておく必要があります。

人気記事ランキング